最新のバーベキュー情報まとめ

バーベキューの必需品。それぞれのコンロの特徴

バーベキューの必需品。それぞれのコンロの特徴 バーベキューを楽しむ際に必要な用具としてコンロがあります。
種類もシチュエーションによって使い分けられる様に多くあります。
どの種類が良いのか迷う方も多いのですが、それぞれの特徴はどの様なものでしょうか。
一般的に知られている四方に足がついているスタンダードタイプは人気であり、収納性は欠けますが少人数から大人数まで使いやすい形です。
バーベキューの際にはキャンプファイヤーも楽しみたいという方向けに、焚き火台型という高さのないロースタイルのコンロです。
キャンプ料理も対応可能なのでキャンプも楽しみたいという方に適しています。
少人数に適しているのが卓上型であり、テーブルの上に置いて使用するタイプです。
焼肉屋で食べる様なスタイルで楽しむ事ができ、燃料も少なくて済む事から最近注目されています。
これらをシチュエーションから選択していくのですが、購入する際は長く使うか1シーズンのみ使用するかにより、素材選びも検討する必要があります。
素材は基本的にステンレスかスチールの2種類があり、長く使用する場合はステンレスが錆びにくく手入れも楽な特徴があります。
その分スチールよりも費用は掛かりますが、頻回に楽しみたいという方に適しています。

バーベキューを楽しんだ後の網の始末方法は

バーベキューを楽しんだ後の網の始末方法は バーベキューを楽しむ季節になると、頭を過ぎるのは網の始末です。
自宅でバーベキューをした場合ならば、すぐに洗うことができます。
でも、アウトドアではすぐに洗う事は難しいでしょう。
となると、焼いた食材が焦げ付いたものが取れない問題が発生します。
そうならない為の解決方法として、使い終わった網はアルミホイルなどを被せておくと焦げ付きが炭になって取れ易くなります。
炭になったところで固いフライ返しなどを利用して、叩きながら落としてください。
叩いても落ちないときには、使わない割り箸などで強めに擦って落としましょう。
アルミホイルを忘れてしまった時には、残っている炭の火で目一杯付いているものを焼ききって仕舞う方法も便利です。
焦げ付きが大体落とせたら、次に重曹を使ってさらに汚れを綺麗にします。
網を入れられるくらいの容器に重曹を大匙で3から5杯ほど入れ、お湯で溶かしておきそのなかに浸けて2時間ほど放置しておきます。
これで汚れが浮き上がりますので、こそぎ落とします。
重曹を使うと臭いも取れるので、次に使うとき気持ちよく利用できます。
一番良いのは焦げ付きを作らないことです。
バーベキューをする前に、お酢を表面に塗っておくことで食材がくっ付くことを防げます。

バーベキューを美味しく食べるときに知っておくと役立つコツ

バーベキューは外で肉や魚介類などを網で焼いて食べられる醍醐味がありますが、少し工夫をするとより美味しく頂くことができます。
バーベキューは上手くやるコツとしては、最初に食べたい物をしっかりと確保する点にあります。肉や魚介類なども事前に用意しておかないといけませんし、普段より少し豪勢な内容にすると楽しめる筈です。
肉などは少し厚めにカットをすることで、焦げたりするのを防ぐことができますから、カット方法にも意識を向けるのが大切となります。
バーベキューではデザートも食べることができますから、少し焼くと美味しくなるマシュマロなどを用意しておくと子供や女性に喜ばれる可能性が高いです。
バーベキューは火をつけるときの道具なども揃えておくと便利ですし、取り皿などをも用意しておくと楽しく安全に食事をすることができます。
少しのコツで快適に食事を楽しむことができますから、意識して挑戦してみると参加者から高評価を貰えるかもしれないです。

バーベキューを行う際に用意しておきたい飲み物

バーベキューで用意しておきたい飲み物は、一緒に行く人や場所によっても変わってきますが、アルコール類・炭酸飲料・果実ジュース・お茶・コーヒー・スポーツドリンクなどを用意しておけば失敗することはありません。
基本的にアルコール類は用意しておきたいところですが、お酒が飲めない人や子供が参加する場合はアルコール類の数を少なくしたり、炭酸飲料や果実ジュースなども用意しておきたいところです。
夏のバーベキューでは、ビールは欠かせない飲み物の一つで、キャンプ場にはビールを販売している売店もあるので、冷えた最高の状態で味わうことができます。
また、女性人気が高いのがチューハイで、最近ではレモン・梅・グレープフルーツ・ライム・ライチなどのさまざまな種類があり、特にレモンとグレープフルーツのチューハイを用意しておくのがおすすめです。
さらにお肉に合うという点では赤ワインもおすすめで、ワインを片手にお肉や野菜を楽しむのも醍醐味の一つといえます。

バーベキューの野菜は事前にカットしておこう

アウトドアにはバーベキューが欠かせない、という人もいます。ところが、その機材や道具の設置や用意がとても面倒なので、バーベキューは苦手だと考えている人もいるようです。
たとえば、バーベキューには専門業者がいるのでそれを利用するのも良いでしょう。業者にはプランを用意しているところが多いので、機材などの設置以外にも野菜やお肉などを用意する必要がなく、面倒だと感じなくてすみます。
業者は野菜やお肉をカットしたものを用意してくれるので、初心者や機材などの設置がきらいなので面倒くさいという人にはレンタル業者がおすすめです。
もし個人的に用意をするときには、事前にすべてカットしておくとスムーズに調理を始めることが可能です。後片付けもそうですが、それはレンタル業者なら安心して任せることが出来ます。
バーベキューで調理するものは、プロが必要なものを価格に合わせて準備してくるので、そのまま会場へ行くだけでいいでしょう。

バーベキューの会費や予算はどのように決まる?

バーベキューの会費はどのような食材を用意するかによっても変わりますが、一般的には1人2000円程度が相場となっています。
参加人数が分からなかったり、全体の予算もまだ決まっていない状況の場合は自分で予算を決めてみるのもおすすめで、自分であれば最大3000円まで出せるとしてその範囲で算出し、参加人数により費用は変わってくるので余裕を持ってざっくり10人単位で考えてみることもポイントになります。
予算が決まっている場合では、その予算内で割り当ててみるのもおすすめで、最低限必要になる費用を差し引いても余るようであれば食材を増やしたりワンランク上のお肉を選ぶこともできますし、仮に予算がオーバーしてしまうなら食材を減らすなどといった他の方法を検討しみることも必要になってきます。
初めての方でバーベキューの機材を揃える時間がなかったりする場合は、バーベキューサービスを利用してみるのもおすすめで、人数や場所によっても異なりますが、会費は1人3000円程度となります。

夜にバーベキューをやると昼間と違った魅力がある

バーベキューは昼間にやるケースが多いですが、夜にやると違った魅力があります。夜景を楽しみながらバーベキューができるのでデートなどでも最適ですし、ディナーとして食事をすることができますから、豪華な肉や魚介類などを用意しやすくなる筈です。
夏は昼間ですと日差しなどの影響で汗だくになるリスクもありますが、暗くなると日差しの影響を受けなくなるので、落ち着いた雰囲気の中でバーベキューを食べられると考えられます。
お酒を飲みながらゆっくりと食事を楽しむようなこともできますから、仲間や家族と一緒にやると楽しいかもしれないです。
バーベキューをする場所を提供している業者によって利用できる時間に違いがあるので、各自で利用をしたい時間帯でサービスを提供している所を利用すると安心できます。
道具などをレンタルできる所もありますから、本格的な道具を持っていない場合はレンタルできる所を利用したほうが簡単に料理を味わえる筈です。

バーベキューの情報サイト

多摩川でバーベキュー

新着情報

◎2022/5/1

情報を更新しました。
>バーベキューを美味しく食べるときに知っておくと役立つコツ
>バーベキューを行う際に用意しておきたい飲み物
>バーベキューの野菜は事前にカットしておこう
>バーベキューの会費や予算はどのように決まる?
>夜にバーベキューをやると昼間と違った魅力がある

◎2019/3/8

とっておきのマシュマロ
の情報を更新しました。

◎2019/1/24

ラップが役立つ
の情報を更新しました。

◎2018/11/26

アルミホイルが便利
の情報を更新しました。

◎2018/9/12

気をつけたい衛生面
の情報を更新しました。

◎2018/6/19

火ばさみの準備も忘れずに
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました